5月 11
大阪市の南部に位置する住吉・平野郷・田辺の3地区(大阪市HOPEゾーン事業地区)は、それぞれ江戸時代の大坂三郷の在郷町・農村として発展し、その地域固有の歴史と文化を育み、その面影は現在も残っています。本展では、歴史・美術資料をもとにこれらの地域の魅力を再発見し、新たなまちづくりを問いかけてゆきます。

大阪くらしの今昔館企画展「 (第1回HOPE展)住吉・平野郷・田辺‐歴史のまちなみ」